メンズ

部屋を現状復帰して元通りの状態に戻しましょう

火事に備えておく

工事現場

ビルのように大きな建物や施設には、火事などに備えておいて様々な準備をしなければいけません。消火器や警報機だけでは足りないので、火を消すことができるスプリンクラーなども合わせて設置しましょう。

もっと見る

スプリンクラーについて

設計図

スプリンクラーは万が一の事態に備えて設置しないといけませんが、中には設置しなくても大丈夫という人もいる。そのような人達には強引に取り付けさせるのではなく、丁寧に説明して防災意識を高めてもらうようにすることが大切なのだ。

もっと見る

共同住宅の原状回復工事

後ろ姿の作業者

共同住宅の入居者が退去する際には、原状回復工事が行われる。原状回復工事をすることにより、共同住宅の部屋は現状復帰し、新しい入居者を募集することが可能になる。原状回復工事を行って共同住宅が現状復帰すると、室内は新築時のように美しくなる。現状復帰後は居住性が大きく向上するため、共同住宅の資産価値の向上につながる。原状回復工事ではクロスの張替えやフローリングの補修などが行われるため、内装工事の専門業者に工事を依頼するケースが多い。内装工事の業者は住宅の内装の専門家であり、要望通りの工事を行ってくれる。内装工事の専門業者は、ハウスクリーニングも得意としている。水廻りのクリーニングも可能で、ハウスクリーニングだけを依頼することも可能である。

共同住宅の原状回復工事の目的は、共同住宅の室内を現状復帰させることである。現状復帰とは、入居者が入居した時点の状態に戻すことになる。入居して間もなく退去する場合には、ハウスクリーニングだけが行われることもある。現状復帰の義務は共同住宅のオーナーではなく、入居者が現状復帰の義務を負う。工事代は入居時に支払った敷金から充当され、残余は後日返金される。施工業者の選定や工事の発注はオーナーが行う。共同住宅とテナントビルでは、現状復帰の内容が異なる。テナントビルの現状復帰の内容は、賃貸借契約を締結する際に細かく決められることが多い。賃貸借契約書に明記されていない工事については、判例や慣習に則って決定される。

マンションを直す

外観

マンションのような多くの人が住んでいる建物を所有しているオーナーは、住民が安心して暮らせるようにマンション大規模修繕をしないといけません。これをすることによって、老朽化することを防げますし長く利用することができます。

もっと見る